前へ
次へ

果物は健康食でも摂取方法には注意

果物は健康食だ、いや逆に果糖が多いから不健康だと、いろいろな論争があります。
最新の研究では、フルーツジュースをたくさん飲む人ほど糖尿病リスクが高くなると言われているのも事実ですが、果物そのものをたくさん食べている人ほど糖尿病リスクが低いこともわかっています。
相反する結果のようにも見えますが、実際にりんごやぶどう、ブルーベリーなどをよく食べている人は糖尿病リスクが低いという結果が出ていますので健康食と言えるでしょう。
ところが毎日フルーツジュースを飲む人は体重がどんどん増加する傾向があり、果物を毎日食べる人ほど体重は減少傾向にあります。
問題は何をどうやって摂取するかであって、このポイントを見間違えると健康食も不健康に早変わりしてしまうと言えるでしょう。
この結果からわかるように、果物自体がよい食べ物かよくない食べ物かという論争をするのは誤りです。
人はよいものは摂取したいけれど、手間をかけるのは面倒なのでなるべく楽をしようとします。
でもその楽のなかにリスクを高める要素が含まれていないかどうか、まずはそこから考えなければなりません。

Page Top